マウスピース矯正の特徴~インビザライン~

おすすめしたい方

  • 営業職接客業など人前に出る機会が多い方
  • 普段と同じように美味しくお食事を楽しみたい方
  • 金属アレルギーをお持ちの方
  • 装置の取り外しができるためセルフコントロールができる方
  • ワイヤー矯正などの固定式の装置に煩わしさを感じる方
ご注意

  • インビザラインは装置を付けている時のみ矯正力がかかるため、患者様の全面的な協力が必要な治療法です。
  • 就寝時も含め1日20時間以上は必要です。
  • 規定時間の装着を行わなかった場合、治療期間が長くなるだけでなくマウスピースが合わなくなるため、マウスピースの再製作が必要になる場合もあります。
  • マウスピースは7日~10日毎に交換します。
  • 食事の時はマウスピースを取り外してください。
  • 飲み物はマウスピースを装着したまま飲むことができます。
  • インビザラインは初回の歯型取りですべてのマウスピースを製作しますが、治療の状況に応じて、歯をより正確に移動するために治療中にマウスピースの再製作を行う場合があります。
  • インビザラインの治療中でも歯の形が変わらない程度の小さな虫歯の治療は可能です(インビザライン治療中は虫歯治療が出来ない訳ではありません)。
    但し、被せ物の再治療など歯の形に変化がある場合は、マウスピースの再製作が必要になります。通常、大きな虫歯治療や被せ物の治療は、インビザライン治療を開始する前に行います。

関連記事

  1. インビザラインの費用

  2. インビザラインの診療の様子

  3. インビザラインのメリットとデメリット

  4. マウスピース矯正とは~インビザライン~